暁なIT備忘録

AKATSUKI Information Technology Memorandum.

Linux 導入後の初期設定:初回起動関係

Tags: ,

ここでは、GNOME の導入有無で多少作業内容に変更が生じます。
というか、X 導入環境では初回起動時にいくつかの作業を強要されるのですよね。

■■■■■ 初回起動関係 ■■■■■

##########
##### ケース1:GNOME を導入している場合
##########

■初期ウィザード返答

ユーザ作成
→ とりあえず作成(作成しないと進まない)
日付と時刻
→ デフォルトのまま(後で ntp 設定)
kdump
→ 無効

##########
##### ケース2:GNOME を導入していない場合
##########

特に作業無し。

##########
##### 共通作業
##########

■NIC 関連情報の整備

□ネットワーク情報を自動で制御するうざいヤツを停止

# service NetworkManager stop
NetworkManager デーモンを停止中:                           [  OK  ]
# chkconfig NetworkManager off
# chkconfig --list NetworkManager
NetworkManager  0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off

作業:サービス NetworkManager 停止

□認識デバイスの入れ替え

#NIC 認識が、
# CentOS : OnBoard -> PCI
# Scientific Linux : PCI -> OnBoard
#となるので eth0 と eth1 が入れ替わる。
#Intel NIC を eth0 にしたいので、ちょっと設定ファイルを入れ替える。

> #と思って下記のファイルの NAME を入れ替えたのだけど、どうしても認識の最後に Realtek を eth0 にする記述が追加される為、断念。
>
> # cat /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
> =====
> # cat 70-persistent-net.rules
> # This file was automatically generated by the /lib/udev/write_net_rules
> # program, run by the persistent-net-generator.rules rules file.
> #
> # You can modify it, as long as you keep each rule on a single
> # line, and change only the value of the NAME= key.
>
> # PCI device 0x8086:0x107c (e1000) (custom name provided by external tool)
> SUBSYSTEM==”net”, ACTION==”add”, DRIVERS==”?*”, ATTR{address}==”00:00:00:00:00:00″, ATTR{type}==”1″, KERNEL==”eth*”, NAME=”eth0″
>
> # PCI device 0x10ec:0x8168 (r8169) (custom name provided by external tool)
> SUBSYSTEM==”net”, ACTION==”add”, DRIVERS==”?*”, ATTR{address}==”00:00:00:00:00:00″, ATTR{type}==”1″, KERNEL==”eth*”, NAME=”eth1″
> =====

□NIC 設定ファイルの整形

#NetworkManager で利用させる付加情報が追記されごちゃっとしているので、整理。

# cd /etc/sysconfig/network-scripts
# pwd
/etc/sysconfig/network-scripts
# cp -p ifcfg-eth0 ifcfg-eth0.bk20110801
# cp -p ifcfg-eth1 ifcfg-eth1.bk20110801

# cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
=====
# Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL8111/8168B PCI Express Gigabit Ethernet controller
DEVICE=eth0
HWADDR=00:00:00:00:00:00
ONBOOT=no
IPV6INIT=no
USERCTL=no
TYPE=Ethernet
BOOTPROTO=static
=====

# cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1
=====
# Intel Corporation 82541PI Gigabit Ethernet Controller
DEVICE=eth1
HWADDR=00:00:00:00:00:00
ONBOOT=yes
IPV6INIT=no
USERCTL=no
TYPE=Ethernet
BOOTPROTO=static
IPADDR=192.168.0.100
NETMASK=255.255.255.0
=====

# cat /etc/sysconfig/network
=====
NETWORKING=yes
HOSTNAME=hostos
GATEWAY=192.168.0.1
=====

作業:ifcfg の整形

----------
DEVICE					デバイス名 eth0 eth1等を設定
ONBOOT					システム起動時にNICを有効にするかどうかの設定
BOOTPROTO				固定IPの場合:none,static DHCPでIP取得の場合:dhcpと設定
HWADDR					NICのMACアドレスを設定(任意)
TYPE					Ethernet など デバイスの種類を設定。LAN接続ならばEthernet、他にxDSLなど
DHCP_HOSTNAME				ホスト名 DHCPサーバに通知するホスト名の設定(任意)
IPADDR					IPアドレスの指定
NETMASK					サブネットマスクの設定
NETADDR					ネットワークアドレスの設定(任意)
BROADCAST				ブロードキャストアドレスの設定(任意)
USERCTL					デバイスの制御(NICのup down等)を一般ユーザにも許可するかどうかの設定。(任意)
PEERDNS					DHCPによって取得したDNSサーバのアドレスを/etc/resolv.confに反映するかどうかの設定
GATEWAY					Defult Gatewayアドレスの設定
IPV6INIT				このデバイスでIPv6を有効にするか
----------

設定項目:/etc/sysconfig/network-script/ifcfg-eth*

以上

Tags: ,

Leave a Reply

© 2009 暁なIT備忘録. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and beach rentals.