暁なIT備忘録

AKATSUKI Information Technology Memorandum.

Linux 導入後の初期設定:時刻同期関係

Tags: ,

既に十年位前から言われていることですが、日本国内では福岡大学の NTP(clock.nc.fukuoka-u.ac.jp) を参照する事例が数多くあり、アクセス集中による過負荷が発生している状況です。
2000年以前では、とりあえず NTP の参照元は stratum1 である福岡大学にしとけ!というのがデファクトスタンダードでした。
その為、現在では、所属 ISP の公開 NTP の参照が推奨されています。
この clock.nc.fukuoka-u.ac.jp 問題を受けて(だと思うのですが)国内で
 インターネットマルチフィード株式会社が stratum2 の NTP を公開
の提供が開始され、その後に
 情報通信研究機構が stratum1 の NTP を公開
の提供も開始されました。
#情報通信研究機構は、stratum1 でありながら個人利用も許可されています。

当環境ではインターネットマルチフィードを利用します。

■■■■■ 時刻同期関係 ■■■■■

■ntpd の設定と起動

# rcsdiff /etc/ntp.conf
===================================================================
RCS file: /etc/RCS/ntp.conf,v
retrieving revision 1.1
diff -r1.1 /etc/ntp.conf
18c18
< #restrict 192.168.1.0 mask 255.255.255.0 nomodify notrap
---
> restrict 192.168.0.0 mask 255.255.255.0 nomodify notrap
22,24c22,24
< server 0.rhel.pool.ntp.org
< server 1.rhel.pool.ntp.org
< server 2.rhel.pool.ntp.org
---
> server ntp1.jst.mfeed.ad.jp
> server ntp2.jst.mfeed.ad.jp
> server ntp3.jst.mfeed.ad.jp

# ntpdate -u ntp1.jst.mfeed.ad.jp
15 Aug 10:42:23 ntpdate[2558]: step time server 210.173.160.27 offset -5.144179 sec

# service ntpd start
ntpd を起動中:                                             [  OK  ]

# chkconfig ntpd on
# chkconfig --list ntpd
ntpd            0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

# ntpq -p
     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
 ntp1.jst.mfeed. 133.243.236.18   2 u   16   64    1   16.709   -0.027   0.000
 ntp2.jst.mfeed. 210.173.160.86   2 u   15   64    1   17.065   -0.244   0.000
 ntp3.jst.mfeed. 210.173.160.56   2 u   14   64    1   16.505   -0.142   0.000

作業:ntpd の設定と起動

以上

Tags: ,

Leave a Reply

© 2009 暁なIT備忘録. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and beach rentals.