暁なIT備忘録

AKATSUKI Information Technology Memorandum.

Open-iSCSI ターゲット側:インストール

Tags: , ,

■手順

  1. Open-iSCSI ターゲット側:インストール
  2. Open-iSCSI ターゲット側:設定
  3. Open-iSCSI イニシエータ側:インストール
  4. Open-iSCSI イニシエータ側:設定

■前提環境

特にありません。

以下の作業は、サーバ側(HostOS)にて行ってください。

■準備

□該当デバイス情報の参照

論理ボリューム作成は「LVM 操作:論理ボリューム作成」を参照。

# lvdisplay /dev/VGdata/LVsamba
  --- Logical volume ---
  LV Name                /dev/VGdata/LVsamba
  VG Name                VGdata
  LV UUID                wlfiNl-rRuN-SMeD-COO3-oSjO-mpL9-2UEidj
  LV Write Access        read/write
  LV Status              available
  # open                 0
  LV Size                1000.00 GB
  Current LE             32000
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     2048
  Block device           253:9

作業:該当デバイス情報の参照

□必要パッケージ(RPM)の確認

# yum list | grep scsi-target-util
scsi-target-utils.x86_64               1.0.4-3.el6_0.1                  @updates

作業:yum 管理守備範囲の確認と導入確認

■導入(必要があれば)

OS 初期インストールのパッケージ選択によっては、未導入の場合もあります。
その場合は、サクッと yum にて、導入します。

# yum -y install scsi-target-util

.

作業:scsi-target-util のインストール

以上

Tags: , ,

Leave a Reply

© 2009 暁なIT備忘録. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and beach rentals.