暁なIT備忘録

AKATSUKI Information Technology Memorandum.

Linux 導入後の初期設定:初回起動関係

Tags: ,

ここでは、GNOME の導入有無で多少作業内容に変更が生じます。
というか、X 導入環境では初回起動時にいくつかの作業を強要されるのですよね。

[Linux 導入後の初期設定:初回起動関係] の Read the rest of this entry »

Scientific Linux-6.1 インストール

Tags: ,

RHEL6 準拠な CloneOS として、CentOS コミュニティで対応にタイムラグがあった関係上、代替手段として、この Scientific Linux が注目を集めました。
このディストリビューション元は、フェルミ国立加速器研究所(Fermi National Accelerator Laboratory)及び欧州原子核研究機構(CERN)となっています。
折しも時期は2010年冬から2011年夏前(CentOS-6.0 リリースが2011年月なので)まで。
そして、同時期には「アニメ:Steins;Gate」の放送時期であり、作中に物語のキーワード的に CERN という名の同機構が登城します。

というのが関係していたのかわかりませんが(笑)、運営が不安定になりつつあったオープンコミュニティである CentOS よりも科学研究分野で安定して存続しうる Sicentific Linux であれば、当面の間は消滅する事はない、という心情が働いたのでしょうね。多分。

かくいう当方もその中の一人な訳で…
KVM GuestOS として採用したいと思います。

[Scientific Linux-6.1 インストール] の Read the rest of this entry »

CentOS-6.0 インストール

Tags: ,

最近では、RHEL 準拠な CloneOS として、CentOS がシェアを増加してきていましたが、ここ(RHEL6 リリース)にきて、リリース時期が不透明(2010年末から2011年春にかけて)となり、その代替として Scientific Linux が注目を集めてきました。
CentOS は終コンとの噂もありますが、RHEL6 準拠までは大丈夫かな、という勝手な思い込みがありますので、ここでは HostOS に CentOS-6.0 を採用したいと思います。

といいますか、自宅環境では CPU 切り替え器との相性なのか、Scientific Linux-6.1 の GNOME だと操作中にフリーズが発生して、サーバの再起動を強いられるのです…
と思っていたら CentOS-6.0 の GNOME でも同様でした(´・ω・`)
#GNOME-2.28 の BUG かなー_| ̄|○
#しかも GONOME 再起動用の gdm-restart が無くなっているし…
#コマンドで kill -HUP `cat /var/run/gdm.pid` も効いていないっぽいし…

という感じで、もうどうでも良くなってきたので、利用経験を積む意味でも CentOS-6.0 のチョイスを継続しました。

当自宅固有の問題については、後述の VNC を利用することで回避しています、一応(T∇T)

[CentOS-6.0 インストール] の Read the rest of this entry »

サーバの構成

TAGS: None

まずは、個人宅でオールインワンサーバを構築するまでの流れを簡単に一括で書き上げてしまおうかと思っています。
SOHO 向けであれば、十分な構成だとは思うのですが、似非小規模ネットワーク込みということで、最近話題の仮想化技術込みで、各サーバの役割を明確に区分けた形で書ききれれば良いのですが…

[サーバの構成] の Read the rest of this entry »

サイトマップ

TAGS: None

© 2009 暁なIT備忘録. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and beach rentals.